\ テレワークで働き方改革を! /

PDFやFAX発注書
データ化します

“ノシクミ”は
PDFやFAX発注書のデータ化サービスです。
ヒトとAIが 2回入力して突合することで
低コストで高精度にデータ化します。
また納期回答・在庫回答のRe-FAX代行や
受注業務のデジタルシフトまでお手伝いします。

低コストで高精度なPDF/FAX発注書データ化サービス 「ノシクミ」

発注書を専用のメールアドレスに送信するだけで、あとはお任せください!

スタッフが発注書を入力

  • ご依頼頂いたPDF/FAX発注書をCSVファイルで納品サービスです
  • 手書き発注書も活字発注書も対応
  • 当社スタッフが責任を持ってデータ化
  • ミャンマー子会社を含め、200名を超える熟練の入力スタッフが在籍

2回入力突合で高精度

  • 作業スタッフが2回入力して一致させるから高精度なデータ化を実現
  • 一致した場合は、データを採用
  • 一致しない場合、3人目がチェック
  • AI-OCRが得意な項目は、AIが1人分を実施して、ヒトの入力結果と突合します。

毎日のご依頼は簡単

  • 3種類の方法をご用意しています。
    ■ メール入稿:お客様専用にメールアドレス払い出します。インターネットFAXの場合はそこへ転送してください。
    ■ FAX入稿:お客様専用にFAX番号を払い出します。その番号へ直接FAXするよう発注元にお伝えください。(別途月額費用)
    ■ 管理画面入稿:管理画面で発注書をドラッグ&ドロップで入稿して下さい。
  • 発注書ファイルはPDF、TIFF、JPG、GIF、PNG形式に対応
  • Microsoft TeamsやBOXなどビジネスツールとの連携は現在準備中です

安心のセキュリティ

  • 弊社は「プライバシーマーク(Pマーク)」と国際規格「ISO 27001 (ISMS)」の2つの認証を受けています。作業スタッフの教育や外部との連携はこれらの基準に則って行います。

「ノシクミ」を支える弊社の仕組み

自社開発のデータ化プラットフォーム「bpostudio」を活用し、低コストで高精度なデータ化サービスを提供します

自社開発システムを採用

  • 自社開発した「bpostudio」はAIを活用したSaaS型のデータ入力システムです。
  • 「川崎」「川﨑」など細かい違いを見分けるべき項目、AI-OCRを使うべき項目、納期に余裕のある項目など、入力項目を分類できます。
  • 低コストで高精度なデータ化サービスを提供するために、最も適切なIT技術や適任なスタッフをアサインします。

AI-OCRの積極利用

  • AI-OCRを積極的に利用して省力化し、作業の効率化を図ります。
  • AI-OCRを利用した場合は、有人による目視確認で精度を担保します。
  • 日本語手書き文字AI-OCRでは「Tegaki」「CLOVA OCR」を使用し、活字AI-OCRでは「Cloud Vision」「Textract」「Computer Vision」を採用しています。複数のAI-OCRの認識結果を突合して、認識精度を担保も可能です。
  • 有人によるデータ入力のみの対応も可能です。

「発注書」専用の管理画面

  • 自社開発のB2B/B2B2C向けE-Commerceソリューション「ec noshikumi」の管理画面を使用し、ご依頼の発注書データを管理します。発注書が取り込まれるとすぐに入力作業を開始します。
  • データ入力時に蓄えられたデータを利用し、そのままB2B向け受注システムとしてご利用いただけます(オプション)。

各種マスタ作成で精度向上

  • データ化を続けながら、商品マスタや取引先マスタ、受注マスタを作成します。これらのマスタを参照することで、データ化ミスを防ぎます。
  • 例えばバイヤー指定商品以外の発注を受け付けないなど、取引条件に基づいたデータ化ミスも防ぎます。
  • 注文書の文字が読みにくい場合に参考にすることで、不要な確認作業を減らします。

オプション作業もおまかせください

弊社での輸入雑貨卸事業での経験を活かして、PDF/FAX発注書のオプションサービスをご提供します

発注書補正

受信した発注書は様々な形式で届きます。受信画像の画像サイズ変更(リサイズ)、回転、ファイル形式変換などに加え、帳票の位置が正しくなるように補正します。

DM等の除去

ご依頼頂くデータにDMや通信レポートが含まれていた場合は除去します。また、在庫確認やお問合せなどが合った場合はデータ化せず、ご担当者にご連絡いたします。

判読不能時の直接確認(オプション)

記載内容が不鮮明な場合や文字を識別できない場合、弊社スタッフが発注元へ直接確認します。

納期回答・在庫確認Re-FAX (オプション)

発注書のデータ化に伴って必要となる「納期回答Re-FAX」や「在庫確認Re-FAX」を当社で代行します。

基幹システムへの投入代行(オプション)

自社で構築された発注システムへデータを投入いたします。

発注オプションのデータ化(オプション)

例えば「熨斗の宛先」など、発注商品に付随するオプションもデータ化します。

料金体系 および 参考お見積もり

ご要望をヒアリングの上、詳細お見積いたします。

FAX発注書データ化の料金体系

料金体系

  • 下記の料金体系となります。
    ■ 初期費用:300,000円(税別)
    御社のお取引先毎の発注書に対応するシステムを構築します
    ■ 従量料金:80円~(税別)
    作業実数でご請求します

ご利用までの流れ

お問合せから最短1ヶ月でサービス開始できます。

  • ①お問合せ

    まずはお問合せください。
    折り返し、担当者よりご連絡いたします。

  • ②ご説明・デモ

    「ノシクミ」の詳細をご説明します。併せて画面デモをご覧ください。

  • ③NDA等の締結

    ヒアリングに先ち、NDAを締結します。またプライバシーマークでの「個人情報の取扱いに関する覚書」の締結もできます。

  • ④現状のヒアリング

    現状の作業内容についてお話を伺います。可能でしたら、既存の作業手順書・発注書サンプル・各種マスタデータをお願いします。

  • ⑤現場スタッフMTG

    受注現場スタッフの皆さまを交え、作業詳細を伺います。発注書現物を見ながら効率的にヒアリングするため、対面でのお打ち合わせをお願いします。

  • ⑥運用のご提案

    ヒアリングの内容を元に、作業手順やスケジュールなど弊社で検討し、ご提案いたします。この際、詳細お見積もりをご提示します。

  • ⑦スルーテスト

    本番サービスインする前に最長2週間のスルーテストを行います。このスルーテストを通じて、想定外の課題を抽出し、対策を検討します。

  • ⑧本番サービスイン

    これ以後、PDF発注書・FAX発注書の処理はお任せください!
    受注に繁忙期があっても増員の必要はありません。商品開発・営業にご専念ください。

お問合せ・資料請求・デモ

ノシクミのお問合せ・資料請求・デモのご依頼はこちらからお願いします